車検の予約ならここ!比較6選

HOME > 車検の予約について > 車検を予約することで得をすること

車検を予約することで得をすること

新車を購入した時には3年後、その後は2年に一度必ずやって来るのが、車検です。
多くの人は、車検費用が高く頭を悩ませていると考えられます。
そして車検に関して、誤解している人が多くいます。
この車検は、現在の状態が保安基準に適しているのか検査するもので、車検を受けたことで今後2年間を保障するものではありません。
ですから、次の車検まで部品交換の必要はないと言うものではありません。
但し、ディーラーや整備工場では、その危険性があるので、部品交換をしておきませんかと聞いて来ることはあります。
そして、その部品を交換することで、費用も高くなってしまうことがあると知っておきましょう。
日本国内においては、この車検を受けることが義務付けられており、受けることなく走行続けると、無車検車運行したことで、巌しい罰則を受けることになります。


この罰則には、違反点数が6点となる上、6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金が科せられることになります。
更にこの車検が切れている場合、自賠責保険も一緒に切れていることが一般的です。
そのため無車検運行に無保険運行が加わることになり、違反点数が12点、1年6ヶ月以下の懲役、もしくは80万円以下の罰金が科せられることになりますので、十分な注意が必要になって来ます。
基本的なことでは、点検整備を受けることと自賠責保険に入ることで、車検は成り立ちます。
そのためかかる費用として、法定費用と基本整備料金に分かれます。
法定費用には、重量税、自賠責保険料、印紙代になり、基本整備料金には、24ヶ月整備検査料金、代行手数料などがかかることになります。
しかし車検は、これだけの費用で終わることないと言うのが一般的です。


車検から車検の間に、傷んで来た部品が出て来ることで、交換が必要になって来ます。
それら費用が莫大になることが多く、車検費用が高いと感じることになります。
そんな車検を少しでも安く、スムーズに行う方法として、予約を行う方法があります。
予約を行っておくことで、検査をスムーズに受けることが可能になり、仕上がりも早くなることが出来ます。
また、交換部品などを予め用意しておくことが出来るため、部品の仕入れを待つと言う無駄な時間もなくなります。
そして嬉しいことに、車検が終わる前に予定金額が判かることです。
部品交換する時でも、新たな費用がいくらになるのか心配する必要もなくなります。
予約を行った時点で、必要金額が提示されることが多く、予算を立てることが可能となっていることになります。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ