車検の予約ならここ!比較6選

HOME > 車検の予約について > 車検を予約するときにポイントになることがあります

車検を予約するときにポイントになることがあります

車を所有していると定期的に車検を受けて整備をする必要があります。
そして、車検を受け付けているところとしては、ディーラーやガソリンスタンドや整備工場などがあります。
その中で、比較的料金を抑えるためには見積もりを取って比較をしてみることが必要です。
ちなみに、車検の費用には法定費用と整備費用に分かれています。
法定費用は自賠責保険料や重量税などがあり、この部分は法律で決められているためどこに依頼をしても同じになります。
そのため、見積もりをしたときには整備費用を比較して決めることが大切です。
見積もりを比較するとわかるのですが、保安部品に関しては必ず掲載されています。
この部分は修理や交換をしないと車検を通すことができないようになっています。
逆に下廻り塗装料などは不要であれば省いていくことができます。


そして、基本点検料などを含めた料金は依頼する業者によって異なり、ディーラーの相場としては4万円から10万円になっています。
車の大きさなどによって異なるため費用の幅があります。
とはいっても、民間の整備工場やガソリンスタンドの場合は3万円から8万円ほどと抑えることができます。
ちなみに、この費用の違いの一つとして、車検後の整備保証が手厚いという部分が関係しています。
そのため、一概に高いと感じるのではなく、先のことも考えて決めることが大切です。
しかも、メンテナンスパックを提供しているディーラーもあり、この場合オイル交換や基本的な整備費用が含まれています。
しかも、総合的に考えると割安になることもあります。
もちろん、ブレーキパッドやタイヤなどの交換が必要な場合は、別途必要になるのでそのあたりも考慮して依頼をするところを探すことが大切です。


実際に、依頼をするところが見つかったら早めに予約を入れておくことが大切です。
車検は一か月前から行うことができ、車が古く部品の交換が多い場合には入荷するまでに時間がかかることも多いため、早めに行うことが必要です。
そして、一ヶ月以上前に予約をすると割引をしてくれるところもあります。
例えば、一か月前に依頼すると、早期割引として5000円安くなったりもします。
割引が無くても、ガソリンスタンドでは割引券がもらえたり、ポイントを貯めることもできます。
それに加えて、車検キャンペーンを行っている場合、オイル交換無料などのサービスも提供してることがあります。
ちなみに、予約の方法としては、店舗で行う他、インターネットを通して予約を入れる方法もあります。
しかも、早期割引と同じようにネット割引も提供していることもあり、料金面でメリットがあります。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ