車検の予約ならここ!比較6選

HOME > 車検の予約について > 車検満了日を把握するとともに予約の際には不具合箇所を伝えましょう

車検満了日を把握するとともに予約の際には不具合箇所を伝えましょう

自動車というのは荷物を運んだり、一度に大勢の人を乗せたりすることができて大変便利な乗り物ですが、万が一運転の仕方を誤ったり整備を怠っていると、時には重大なトラブルが発生する危険があるものです。
しかし、自動車を所有している人の全てが整備に長けているという訳ではありません。
洗車はするかも知れませんが、よほど自動車が好きな人でなければ車体の下に潜ったり、頻繁にボンネットを開けて点検や整備をするという人はなかなかいないのが実情ではないでしょうか。
そこで法律で定められているのが車検です。
自動車によって受けなければならない時期が違ったりもしますが、普通乗用車を例に挙げた場合、新車の場合ですと3年目、それ以降は2年ごとに車検を受けなければならないと決められています。


一般的に車検代というのは安い料金ではありませんが、車検を受けることなく無車検で走行した場合は法律で罰せられてしまいますので、自分が所有している自動車の車検の時期については間違いなく把握しておく必要があります。
さて、車検を受けられる時期ですが、車検満了日の一か月前からとされています。
一か月というとかなり余裕があるように感じられるかも知れませんが、出来るだけ早めに予約の連絡をしておかないと、車検業者側の都合もありますし、特に代車を借りたい場合等は他のお客さんに代車が貸し出しされていて借りることができないということにもなりかねませんので、早めに予約することが必要と言えます。
最近では予約の方法として、パソコンやスマホ等のインターネットからの予約も簡単にできます。


また、日頃からお世話になっているようなカーディーラーや特定の車検業者が決まっていない場合は、複数の業者に見積もり依頼をすることもできますので大変便利です。
また、予約の際に大切なことがあります。
それは、運転していて気になる個所がある場合はそれを業者に間違いなく伝えるということです。
例えば、最近ブレーキの利きが悪いと感じていたり、走行中にハンドルが取られる等、症状がそれほど顕著でなくてもそのまま放置しておくと、後になって大きなトラブルにつながったりすることも少なくはありません。
車検を受けなければならない最大の理由は、自動車の各部を点検して不具合箇所を見つけてそれを修復することによって、大きなトラブルを防止することにあります。
運転していて大なり小なり気になる点があれば、予約の際に確実に伝えることが大切です。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ